ジャパンコーヒーフェスティバル2017 for ワークショップカフェ in 多賀に出店しました

11/18(土)19(日)の2日間、滋賀県多賀町にて開催されました「ジャパンコーヒーフェスティバル2017 for ワークショップカフェ in 多賀」に出店いたしました。

様々な地域からこだわりのコーヒー屋さんが集結した、コーヒーのお祭り。

コーヒーにこだわりまくっているマスター、初のコーヒーイベント出店です。

イベント前の2日間は朝から晩まで焙煎・焙煎、店主は計量・計量、袋詰め。

未だかつて作ったことのない量のコーヒー豆を用意(といっても小さなお店なので、大した量ではないのですが(^-^;)して、当日を迎えました。

 

 

土曜日は朝から本降りの雨。

ほんとうにお客さまは来てくださるのかしら、と心配しながら会場入り。

以前は多賀名物の糸切餅をつくっておられたお店をお借りして、イベントがスタートしました。

そぼ降る冷たい雨の中、それでもお客さまは、京都・大阪・兵庫、そして滋賀県内各所から、途切れることなく20時まで、お越しくださいました。

この日お淹れしたコーヒーは「スイートモカ」。ミニカップを含めて110杯ご提供することができました。

 

 

しかし、じゅうぶんご用意したつもりだった販売用の「スイートモカブレンド」は夕方には早々と売り切れ…。あわてた店主は、マスターに「今から先に帰って焙煎して‼」。

マスターは、あたふたと帰宅して、焙煎・焙煎、また焙煎…。

そして翌日曜日は、土曜日よりもたくさんのお客さまをお迎えし、淹れたコーヒーは198杯!
残念ながら17時ごろには、販売用はもとより、ご提供用の豆も底をつき、あえなく「申し訳ありません。完売いたしました。」

せっかくお越しくださったお客さまに、最後までコーヒーをお出しすることができませんでした。

 

 

2日間20時までの出店は、寒かったし、体力的にはたいへんだったし、反省点もたくさんありましたが、それ以上に学ばせていただけたことも多くあり、また、「ここのコーヒーがいちばん美味しかった。豆を買って帰ります」「美味しかったから、また飲みに来ました」と2度もブースにお立ち寄りくださったお客さまもいらっしゃって、本当にありがたく、うれしく、これからも美味しいコーヒーのために精進しようと、あらためて思うことができた、とても幸せな2日間でした。

 

 

また機会があれば、コーヒーイベントにチャレンジしてみたいと思います。

ご協力くださった地域のみなさま、ご一緒してくださった出店者のみなさま、スタッフのみなさま、そしてお越しくださったお客さま、本当にありがとうございました。

またお出会いできます日を楽しみにしております!