らっこやから車30分のおでかけスポット 識蘆(しきろ)の滝

 

毎日暑い暑いと言っていても仕方ない…。少しでも涼しく癒される場所を探して、らっこやからクルマでたった30分、クルマを降りて250メートルでたどり着けるという、東近江市の「識蘆(しきろ)の滝」に行ってきました。

場所は、紅葉で有名な永源寺のすぐ近く。お寺の前を通り過ぎ、少し山に入っていきます。
途中、ここで合っているのかしら?とちょっぴり不安になるころに「識蘆(しきろ)の滝まで〇〇メートル」の案内が数か所現れます。迷わず無事に到着できました。

この看板の前に数台分駐車することができます。
滝まではたった250メートル?確かに川の流れる音が聞こえていますが、はたして…。

まずは石段を下っていきます。

下りきったら川を渡ります。が、橋はありません。飛び石をよいしょよいしょっと渡ります。

川沿いを歩いていきますと、えん堤の水底から綺麗な水が湧き出しています。

えん堤を越えますと、なぜか水は姿を消し…。川底だったであろうゴロゴロ石の上を進みます。

しばらく進むと、木々のトンネルの向こうに滝が姿をあらわしました!

近づいていきます。
以下動画にて、しばし涼しさをおすそ分け。

美しい水の流れとまさにエメラルドグリーンの滝つぼが印象的!

駐車場からここまで5分と少しで、こんなに近くまで来ることができました。

 

ですが、足元はできればトレッキングシューズ推奨(スニーカーでもだいじょうですが、少し濡れるかもしれません)。
服装は長そで長ズボン、帽子、あと手袋をされたほうがよいです。(店主、気が付いたらとっても小さなヒルに血を吸われておりました(>_<))また、両手が自由に使えるように、荷物は背負えるバッグで。

お子様をお連れの場合は注意の上にも注意をされてください。石で滑ったり、かなり深そうな滝つぼなど、危険な箇所が多数あります。

自然に畏敬の念を持ち、きちんと準備をされて、注意をしていただければ、とてもすてきな癒しスポットです。
この美しさを守っていきたいですね。

 

詳しい場所は、googleなどで検索されてくださいね。

 

以上、らっこや店主のレポートでした!