ご来店の方へ
イベント報告

エチオピアコーヒーセレモニーに参加しました

先日東京にて開催されました「エチオピアコーヒーセミナー」に参加してきました。

エチオピアの伝統的コーヒーセレモニーや新豆の情報、そしてエチオピアのあれこれについて学べる貴重な機会。エチオピアのコーヒーが大好きなので、とーっても楽しみにしていました。

そして期待以上の感動をいただきました!

その様子を、まずはコーヒーセレモニーからレポいたしますね。

コーヒーセレモニーは、エチオピアの伝統的な習慣。「コーヒーを飲む」ことを儀式化したもので、女性が執り行うと決まっているそうです。

エチオピアのおうちでは、お作法をお母さんから娘に伝え、これができるようにならないと結婚できないとか。

今回はセミナールームでカセットコンロを使っていますが、本来は青草や花を床に敷き、鉄鍋を炉にかけて水で洗った生豆を焙煎するところからスタートします。

直火なので、けっこう早く焙煎が進みます。

仕上がった豆は…かなりの煎りムラがあります。

それを木臼(ムカチャ)と棒(ゼナゼナ)でつぶしていきます。

つぶした豆は、綺麗な粗びきコーヒーになっていました。

首の細い壺に入れてお湯を注ぎ、さらに火にかけて抽出します。

その間、乳香が焚かれ、さらにおもてなし感がアップ。

出来上がったコーヒーを注ぎ分けます。

小さなカップでいただくコーヒーは、エスプレッソのようですが、しっかりエチオピアのコーヒーの風味が感じられます。

あんなに煎りムラがあって焦げた豆も見えていたのですが、あまり苦さは感じませんでした。とにかく凝縮された濃厚さ、濾していないためか、まろやかさが印象的でした。

ミルクやお砂糖を入れるほか、エチオピアのハーブを浸したり、岩塩で味付けしたり、さまざまなバリエーションがあるそうです。

一連の流れもとても興味深いものでしたが、いちばん印象に残ったことは、エチオピアと日本の類似性です。コーヒーセレモニーは茶道にそっくりだし、そのほかにも…。

長くなりますので、続きはまた次回

ここまでお読みくださりありがとうございました!